アフターピルで避妊成功

アフターピルで避妊を成功させる為に

避妊に失敗したり避妊ができなかった時のために使用するアフターピルは独身女性の強い味方ですが、服用していても妊娠してしまったという声を良く耳にします。ではアフターピルは避妊ができないのか?それは違います。正しく使うことでしっかりと避妊をしてくれます。

避妊の最終手段とも言われているアフターピル。服用するからには成功させたいですよね。
ではアフターピル服用で成功率を上げる方法とはことをすればいいのでしょうか。

アフターピルの3つのルール

アフターピルを飲む時の3つのルール
避妊を成功させるにはルールがあったのです。
① 早めの服用を意識してくだい。
なるべく早めの服用で高い確率で避妊をすることができます。もっとも効果があるのが性行為が終わってすぐの服用です。性行為後から12時間の間の服用で95%以上の避妊率があるといわれています。
② 排卵日を把握しておく。
排卵日前後の性行為は極力避けましょう。なぜなら、アフターピルを早い段階で服用してもカラダに精子が残っている可能性があるからです。そして排卵後でも卵子が残っている可能性もあるのでアフターピル服用後でも受精してしまうことがあるのです。
③ 嘔吐したら飲みなおす。
アフターピルの副作用として吐き気や嘔吐があげられます。気をつけていただきたいのが服用後2時間以内に嘔吐してしまった場合です。アフターピルがカラダに吸収される前に体内から出てしまっているのですぐにもう一錠服用しなおしましょう。
上記の3つのルールを守ることで成功率を上げることができます。

アフターピルは避妊の最終手段

最初にも言いましたがアフターピルは避妊の最終手段です。アフターピルを服用することで副作用が出る人と出ない人がいます。副作用がでないといって何度も服用する方がいらっしゃいますが頻繁な使用は避けてください。
なぜならアフターピルはカラダのホルモンバランスを乱して避妊をするからです。ホルモンバランスを頻繁に崩してしまうとカラダに悪い影響を与えてしまいます。頻繁に避妊が必要になる場合は低用量ピルをおススメします。