アフターピル服用後におこる避妊成功のサイン

避妊に失敗しアフターピルを服用した後に一番気になるのはやはり、避妊が成功したかですよね。
避妊が成功したかを知る方法が出血の有無です。また、アフターピルを服用した後の出血時期にもよって避妊が成功したかを知るカギとなります。

不正出血の正体

不正出血とは膣内からの出血のことをいいます。
アフターピルを服用後の3日後~3週間以内におこる不正出血を消退出血と言います。
消退出血は避妊に成功したときにでます。出血の量としてはおりもの程度の少量で一週間くらい続く人もいます。

なぜ消退出血が起こるのか

アフターピル消退出血がおこるかというと、アフターピルに含まれる成分にあります。
アフターピルの成分は黄体ホルモンという女性ホルモンです。黄体ホルモンを大量に投与することで女性ホルモンのバランスを乱すのです。黄体ホルモンが大量に分泌されるのは女性が妊娠をしているときと言われています。アフターピルは女性の体を妊娠したと脳に錯覚させて疑似妊娠状態にします。なのでカラダが妊娠に状態を維持するために他の受精卵が着床しないように子宮内の膜を剥がし始めるのです。それで消退出血がおこるというわけです。つまり、消退出血の出血は子宮内のますが剥がれおちたことによる出血ということになります。

アフターピルで避妊をする必要性

アフターピルは女性のお守りともいわれています。性行為をするということは女性が妊娠をする可能性があるということです。
たとえ大好きな彼とのセックスでも今は妊娠を望まないこともあるでしょう。性行為をもつ人全員が子どもを望むわけではないでしょうし夫婦でも子ども望まないカタチを選ぶことも。また流れや酔った勢いで避妊をしなかったなんてことも。
また、無理やり性行為をせまられたり、レイプによる妊娠を避けたい女性もいます。
そんな時のためにもアフターピルがあるのです。
すぐ対応できるように備えておくためにもアフターピルを買うのは通販がオススメです。