メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ妊娠前や妊娠時に葉酸サプリが必要なのか?

妊娠前から妊娠初期の母体は赤ちゃんを作る為には細胞分裂は非常に活発に行われます。そのため妊婦さんの身体には実に通常の約2倍近くの葉酸が消費されるのです。
特に、妊娠0週目から第7週目にかけては細胞分裂期と言われておりまして、ママのDNAから分裂及び増殖した細胞が赤ちゃんの脳、脊髄、内臓などを作っていくのです。
その細胞分裂や増殖にあたって、葉酸が重要な働きをしております。妊娠時には、葉酸が母体からは欠乏しないために葉酸サプリを摂取するように厚生労働省でも推奨されているのです。


妊娠初期や妊娠中に葉酸が不足するとどうなるの?

葉酸が不足していない妊婦さんに比べると、胎児の脳や脊髄神経に障害が出てきてしまうリスクが高まります。


母体のお腹の中では赤ちゃんを形成するため、ママのDNA細胞の分裂や増殖が繰り返し行われますので、脊髄や脳から赤ちゃんが形成されていくことになります。
その為、母体が葉酸不足や欠乏状態になってしまうと、細胞分裂や増殖が上手に機能しなくなってしまい、脳や脊髄の基となっている神経管が欠損、最終的には、神経管閉鎖障害といったような障害を発症しやすくなるのです。


それが原因となりまして、二分脊椎や無脳症等、赤ちゃんが生まれてくる段階での身体の先天異常のリスクが高くなってくると言われています。


二分脊椎とは?

胎生期の赤ちゃんの脊髄を覆っている骨が欠損または開いてしまった状態のことを指します。


骨で覆われて守られている脳神経に繋がる脊髄を含む神経組織が露出してしまい、炎症を起こし、癒着したり、損傷により運動障害、膀胱機能等の障害を起こすことです。


無脳症とは?

赤ちゃんの脳が欠損または形成されないといった状態のことです。赤ちゃんの身体は通常の状態で存在するのですが、おでこの上からの頭部が無くて、無事に生まれてきたとしても短い生命にて終わってしまう可能性が高いと言われております。
無脳症は、現在は出生前の診断にて発見することはできますが、早期発見できたからとはいっても、現段階では治療法もないために、その場合はやむを得ず人工中絶が行われることが大半となっております。


胎児の二分脊椎や無脳症等の神経管閉鎖障害は、妊娠初期から葉酸サプリメントを毎日400μg服用することによって、発症リスクは7割から8割低減できるとされております。妊娠前より葉酸サプリを服用するということが、産婦人科や厚生労働省から推進されております。


安全な葉酸サプリを選ぶ為にチェックすべき5つのポイント!

それでは現在巷に溢れている葉酸サプリを摂取するにあたっては、どのようなポイントで選択すると良いのでしょうか?大別すると、大体5つのポイントに集約されます。


1.厚生労働省が推奨している400μg(0.4mg)の量の葉酸が摂取ができるものであること


厚生労働省が推奨している1日当たりのサプリメントによる葉酸摂取量は400μg(0.4mg)です。特に妊娠初期についは、不足しないように推奨量の葉酸が十分に摂取ができるものを選択しなければサプリとしての意味がありません。


2.天然成分のモノグルタミン酸型の葉酸サプリであること。


全ての葉酸サプリについては厚生労働省が推奨するモノグルタミン酸型です。その中でも、野菜や果物や酵母より抽出した食事性葉酸をモノグルタミン酸型に変換させた葉酸サプリ、及び化学成分から合成されたモノグルタミン酸型の葉酸サプリの2種類があります。当然、天然成分のほうが安全性は高く、肝臓や腎臓の負担にもならないので、、葉酸サプリについては、天然成分から変換されているモノグルタミン酸型の葉酸を選択するようにしましょう。


3.ビタミンB12が配合されているサプリであること。→「安全な葉酸サプリを選ぶ為にチェックすべき5つのポイント!」の続きを読む…


妊活中に食事が体に及ぼす影響は?

まずは、1食に2タンパク質以上の摂取を心がけましょう。脂質・糖質・タンパク質といったものは三大栄養素といわれております。これは体を作るために必要となる栄養素なのです。特にタンパク質については体の20%も占めておりまして、筋肉、皮膚、髪やホルモン及び免疫体等の体の重要な要素について構成しております。また、胎児の成長にとってもタンパク質は欠かせないのです。
タンパク質は肉・魚・卵・乳製品・大豆製品等の食材に多く含まれているものです。妊活中でしたら、タンパク質の豊富な食材については2種類以上、手のひら分の量を目安としまして食事に取り入れるようにしましょう。肉や魚といったものはタンパク質を効率よく摂取出来る食材ですので、主菜のメニューにも取り入れるようにして、副菜には火を通さなくてもよい豆腐やチーズ、卵などを用意するようにすると手間をかけずに栄養バランスのいい食事ができます。


鉄分は子宮の環境を整えてくれ、亜鉛でしたら女性ホルモンの分泌を促してくれます。また、葉酸については妊娠初期に胎児の脳の発達について助けてくれますので、妊娠前から摂取しておくのはお勧めです。ただしこれら3つの栄養素については、日頃から不足しがちなものですので、妊活中は積極的に摂取するようにしましょう。→「妊活中に食事が体に及ぼす影響は?」の続きを読む…


食事から葉酸を摂取すればいいんじゃないの?

胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減の効果の確認できているものは、葉酸サプリに含まれるモノグルタミン酸型の葉酸だけとなっております。


妊娠前や妊娠時において、葉酸を食品からではなく、サプリメントから摂取するように推奨されている理由には主に2つあります。→「食事から葉酸を摂取すればいいんじゃないの?」の続きを読む…


妊活中の食事は楽しむことが大切

人間はストレスを感じるようになると脳の視床下部がストレスに反応しまして、生殖ホルモンの分泌が滞るようになってしまいます。そうなるとホルモンバランスの乱れや、生理周期の乱れ、更には排卵機能の低下を招くことになってしまいます。栄養がちゃんと摂取できる食事をしなくてはだめと意識しすぎてしまうと、却ってストレスを溜めてしまうかもしれません。そうなるとそのストレスは妊活を妨げることになってしまいます。今までの食生活を大きく変えてしまうという形ではなく、食材や食べ方についてほんの少し目を向けるだけで妊娠しやすい体を手に入れることは可能です。一回ですべてのことをやるという形ではなくて、ちょっとずつ毎日続けながら、日々の食事や食生活を楽しめるようにしましょう。→「妊活中の食事は楽しむことが大切」の続きを読む…


妊婦さんはどのようにして飲むの?

葉酸は女性の妊娠とのかかわりが深く、妊娠を望む女性なら積極的に摂りたい栄養素です。妊娠中はさらにその重要性が高く、通常時以上の摂取が望ましいと言われています。しかし、妊娠中は塩分量だったり体重増加だったり気をつけなければいけないことがたくさん。葉酸が大切なことは分かっていてもずっと気を配るのは大変という方のために、妊娠初期だけは葉酸摂取を心がけてほしいという話をしたいと思います。


妊活、または妊娠初期や妊娠中の方でしたら、葉酸サプリの選び方には特に気を付けなければいけません。生まれてくる赤ちゃんのことも考えて含有量や成分には特に注意したいものです。単純に口コミや評判のみで安易に選ばないようにすることが大事です。


葉酸サプリの選び方の基本としては、赤ちゃんが神経管閉鎖障害となるリスクの低減が実証されているモノグルタミン酸型の葉酸であるということが、第一条件です。モノグルタミン酸型の葉酸は食品から抽出された天然由来で、合成添加物が含まれていないといったものが好ましいです。→「妊婦さんはどのようにして飲むの?」の続きを読む…


葉酸サプリを飲む重要期間は妊娠前から妊娠4ヶ月です

妊娠時の葉酸の重要性はこれまでの説明でお判りでしょうが、葉酸サプリをいつまで飲めばいいのかといったことに疑問に感じるママさんや妊婦さんもいるのではないでしょうか?


葉酸は身体の健康や美容で重要な働きをする成分ですので、産後も食事から摂ることが難しいと感じる方は続けたほうが良い栄養素です。


その中で、葉酸サプリを飲む最も重要な時期は妊娠前から妊娠4ヶ月までと言われておりますので、この期間と、妊娠中期から後期は推奨量を摂取するようにしましょう。そして、授乳期からはサプリメントの量を減らすといった調整をしながら補給するようにしましょう。→「葉酸サプリを飲む重要期間は妊娠前から妊娠4ヶ月です」の続きを読む…